キャッシングして大学進学

私がキャッシングを利用しようと思ったきっかけは、子供の入学費を補うためです。
国立大学が第一希望でしたが残念な結果となり、
滑り止めで受けた私立大学に進学することになりました。

国立大学の合格は余裕だと思っていたので、まさかこんな結果になるとは
思っていませんでした。しかし、親の経済的理由で進学をあきらめさせて
浪人させるのも可愛そうなので、キャッシングを利用して入学費の一部を
補うことにしました。

大学へ進学するために私大の入学費の一部を補うためにキャッシング

私はキャッシングを利用するのは初めてでしたが、
インターネットからも審査や借り入れができたので助かりました。

無利息期間のある業者を利用しました

借金をするなんて初めてのことだったのですごく抵抗がありましたが、
実家の両親や親戚に頭を下げてお金を借りることを思えばはるかに気が楽でした。
私がキャッシングしたところでは、新規のお客さんは30日間無利息で
お金を貸してくれるというサービスがあるところでした。

親や親戚ならお金を貸してほしいといっただけで文句を言われるでしょうから、
黙ってお金を貸してくれる上に30日もの間、利息も取らないなんてとてもありがたい話です。
キャッシングの審査はすぐにすみ、指定口座に即日入金していただけました。
入学手続きの期限にも無事間に合って本当に助かりました。

キャッシングを利用しないに越したことはないが、キャッシングサービスに私は偏見を持っていました

キャッシングに対して、私はすごく偏見を持っていたようです。
本当に困った時、黙って助けてくれるのは親でも親戚でもなく、
キャッシングなのかもしれません。
息子は大学進学も決まり、アルバイトを始めることにしたようです。
少しでも親の負担を軽減するために、働いて入学費や授業料の分も
負担したいと言ってくれています。
私もパートの時間を増やすことにしました。

家族で頑張って働いてキャッシングで借りたお金を返済していくつもりです。
今回は本当に助かりました。また、子供の在学中にお金に困ることがあれば、
きっと迷わずキャッシングを利用すると思います。
キャッシング出来なかったら、きっと息子も進学することはできませんでした。
感謝の気持ちでいっぱいです。