キャッシングと末端の消費者

 

実質キャッシングの利用をする人は末端の消費者が
多いでしょう。ここでいう末端とは収入面で年収
300万以下とかの方を指していて、それが末端であるという
ことの定義は当サイト基準です。
年収300万円以下というとおおざっぱですが、
アルバイトの月15万くらいですと年180万円くらいですから
大体180万~300万くらいの人が借入して役に立つことが
多いのではないでしょうか。

小口キャッシングは誰のためにあるのか

 

小規模のキャッシングはご存知の通り総量規制がありますから
年収の3分の1までしか借りられないわけですが先ほどの
180万円の人を例にとってみると、60万円ということになりますね。

学生や新卒社会人、フリーターからすると大前提として60万円の借金は
大変な物ですが、逆にいうと60万円以上も必要ない気がしますね。
なので小口融資キャッシングは基本的にこういった末端の低収入の方に
対して向けられたサービスと言えるかもしれません。

当然収入が少ないですしいきなり給料が倍になるということは
よほどのことがない限りないでしょうからやはり60万円以上は借りては
いけない気がしますね。キャッシングはどうせなら上手に使うというのは本当にその通りだと思います。

そう考えると今のキャッシングというものはしっかりと地盤が整っていると
いいますか総量規制で年収の3分の1までにしっかりと押さえているところは
流石だなと思います。

実際に10年前などは借金で自己破産などをした人も多かったのでしょう。
キャッシングは悪く言われますがこのような改善を加えて安全なものに
近づいてきているのですね。
但しお金はお金なので制限があると言っても借入の際は注意が必要でしょう。