繰上げ返済を活用する

期日を守って確実に返済するのはもちろんですが、
さらにキャシングをうまく活用する方法のひとつとして
繰上げ返済があります。


契約時に決めた月々の返済額、無理をしないように検討して決めているとはいえ、 毎月のこととなると契約どおりに返済するだけで精一杯という場合がほとんどかと思います。

しかしたとえば、時期によって仕事が忙しくいつもよりも残業代が多くもらえる月や、 ちょっとした臨時収入が入ることなどもたまにはあるかと思います。

そういう場合には、いつもギリギリだからこういう時ぐらい欲しかったものを買おうとか、
おいしいものでも食べようとか、そんな風に考えてしまうのが普通だと思いますが、
そこでもう一度よくかんがえてください。

まだ借り入れ残高が残っているのであれば、
できるだけ早く返してしまうほうが総返済額も少なくなるので結果的にお得です。

とにかく、借金をしているのだという認識を強くもち、その借金をできるだけ早く返済することで、
結果として経済的にも、精神的にも楽になることは間違いありません。
今後またお金が必要な事態が発生した場合にも、余裕をもって対処できるはずです。

効果的な繰上げ返済とは?

繰り上げ返済をするのにも、それ以降の返済額に反映させるのに
最も有効な期間があるのをご存知でしょうか?

せっかく繰り上げ返済をするのであれば、
できる限りその効果を発揮させたいところです。

ほとんどの場合、キャッシングには返済期日と締め日が設定されています。
この返済期日から締め日の間に、それ以降の利息計算が行われます。

たとえば締め日の直後に繰り上げ返済した場合、
その利息計算が返済額に反映されるのは翌々月になってしまいます。
ですので繰り上げ返済するなら、返済日から締め日までの間に行ったほうが
より早く確実に返済額に反映される
ようになります。

また、同じ金額を繰り上げ返済するのであれば、
返済期間の早い時期(全10回であれば2回目など)
に実施したほうが総支払額が少なくなります。


結局、その時点での借入額に対しての金利計算ということになりますから、
借り入れ残高をはやく少なくしたほうが、結果として総支払額は少なくなるということですね。