返済の遅延は厳禁

キャッシングを利用するにあたって一番気をつけなければならないのが、
返済期日を守ることです。
キャッシングの最大の特徴である無担保、無保証の信用貸しは、
あなたに対して信用だけでお金を貸しているわけですから、返済期日という約束を破ってしまったら、
キャッシング会社はあなたを信用できなくなってしまいます。

もしも期日に入金がなかった場合、携帯や自宅、勤務先などに連絡が入るでしょう。
そしてその時点で改めて入金をしたとしても、あなたに対しての信用は元に戻ることはありません。
そしてさらに、そういった実績を何度か繰り返しているとどんどん状況は悪化し、
最悪の場合、全額即日返済を迫られることも珍しくありません。

やむをえない場合は必ず連絡を入れる

ただ、緊急の事由などでどうしても返済が遅れてしまうという事態もあるかと思います。 そういった場合は、できれば期日前に、無理であればできるだけ早く、 返済が遅れてしまう旨をキャッシング会社に連絡を入れ、誠意ある態度を見せるべきです。

そうすることで、返済日を少し待ってもらえたり、その月の支払いだけ減額してもらえる場合もあります。 とにかく信用が第一なのですから、どうしても返済が難しい場合などは、 こういった誠意ある態度をきちんと見せるように心がけましょう。

返済についてのページでも触れましたが、
キャッシング会社とのこういった実績は、すべて個人信用情報機関に記録されてゆきます。
今後、あなたが別のキャッシングやローンを利用したいと考えた時に、
こういった実績が邪魔をして、思ったような融資を受けられなくなる可能性が
かなり高くなってしまうのです。

なにか状況が変化した場合にも連絡を

借入額が高額になった場合、返済期間も長期に渡るケースがほとんどです。 数年にもわたる長期の返済ともなってくると、自分の生活環境なども変わってしまう場合があります。

たとえば、引越しをして住所がかわったり、転職をしたり、自宅や携帯電話の番号がかわったり。 そういった場合にも必ずキャッシング会社に連絡を入れておくのを忘れないようにしましょう。

キャッシングによる返済とはまったく関係のない理由から、引越しなどをしなくてはいけなくなった場合、 借りている側からすれば、特に関係はないのだからと考えてしまうかもしれません。

しかし、キャッシング会社側から見ると、住所が変わったり、電話番号が変わったりしたのに連絡がなかったなら、 この人は借金を踏み倒すかもしれない、と思われてもしかたありません。
事前に連絡さえ受けていれば、そういった事態にはなりません。
とにかくなにか状況が変化した場合には、こちらから連絡を入れておくようにすることが大切です。