まじめに借りる

 

一見当たり前のように聞こえてしまうかもしれませんが、
まじめに借りることは一番大切です。情報サイトなども良い情報があったとしても、真面目に借りていないとその情報が役に立たないものになってしまうこともあると思うのです。

例えば任意整理や債務整理など、初めから破産目的で借りるなどは絶対にやってはいけません。それくらい当たり前の話ですね。ちなみにそういった自己破産目的でお金を借りて破産をすることは
詐欺破産罪というれっきとした犯罪です。まず居ないと思いますが、このページを見ながらそういった悪いことを考えている方がいる場合は直ちに考えを改めてください。

話が脱線しましたがまじめってどの程度が真面目なのか考えてみましょう。

必要なお金を借りるからすべてそれが真面目?

 

必要な時に借りるのがまじめというと少し幅が広くなってしまうので
ここでは少し倫理的な面も含んでくるかも知れません。

例えば住宅ローンの返済に充てるお金がなくなってしまった。。。
ボーナスカットなどで。。というケースでお金を借りることは真面目でしょうか?はい。これは真面目だと思います。
但し、実際には他の解決方法もあるんですよね。
真面目な悩みであれば正しい情報を調べて借りずに済むということもできると思うのです。ここが一番言いたいことです。

つまり借りているのが悪くないと思っているよりも、
できれば借りたくないがここでお金を借りないと大変なことになる。
しかし、できることなら借りずに解決したい。というのがまじめなのかなーと思います。

とはいっても人それぞれ生き方も違うので

とはいっってもですが人それぞれ何がしたいとか、家なんていらないし他のところに
お金を使うのが一番の解消なのさ。。という人もいると思うので一概にそれがすべてとも
いえません。あくまでも真面目とはを考えてみた次第です。