返済について

まず最も金利もかからずにリスクが少ないのは、
必要な金額だけを借り入れて、
できるだけ短期間で一括返済する
というものです。
これは冒頭でも述べたキャッシングの原点ともいえる返済方法です。

ここ最近では、新規契約者に限り30日間などの期間限定で無利息で融資するというキャンペーンを行っている会社もいくつかあります。
せっかくこれから利用するというのであれば、こういったキャンペーンをうまく活用して無利息で融資を受けるのはとってもお得だと思います。

とはいえ、必要とする金額が短期間で一括返済できる場合というのは、ほんの一握りだといえます。
そうなってくると月々の分割返済という形にならざるを得ません。
というよりもそういったケースがほとんどだと思います。

基本中の基本ですが、まずは無理のない返済計画をたてることが何よりも肝心です。
返済が苦しくなって、また別の会社から融資を受けるようなことになっては本末転倒です。
大抵のキャッシング会社で、返済シミュレータなどのツールを用意していますから、
こういったものを活用するのは当然で、 さらに、毎月のやりくりに関してはあなた自身が一番よくわかっているはずです。
毎月の給料がおよそこれぐらいで、家賃や食費、交際費などどれくらいが必要なのか?
考え直す良い機会だと思って、もう一度よく検討してみましょう。

無理のない返済計画が出来上がったら、
その計画をきちんと実行できるように日々頑張るしかありません。

入金方法を具体的に考えておく

そして、具体的な返済方法に関して、
たとえばその都度入金するとか、店頭まで入金に行くとか
そういったことも考えておいたほうが良いです。

もっとも手間が省けるのが、指定口座からの自動引き落としです。
この返済方法にキャッシング会社が対応しているのであれば
、事前に入金しておくだけで済むこの方法がベストだといえます。

また大抵のキャシング会社が、コンビニなどにある提携のATMからの入金にも対応しています。
家の近所にあるコンビニであれば、入金するのもそれほど苦ではないはずです。
こういったATMからの入金の場合、手数料がかかるのかどうかもチェックしておくべきです。
1回や2回の利用ならまだしも、返済が長期になってしまう場合には特に注意しましょう

絶対に期日に遅れない

そして、キャッシングした借入金を返済する上でなによりも肝心な点です。
絶対に期日に遅れないように気をつけましょう。
返済できるだけのお金はあるのに、うっかり忘れていたりしたら本当に損です 。

なぜなら、一度でも期日に遅れたりした実績をつくってしまうと、
それ以降のあなたへの信用度はガクッと下がってしまいます。

その実績は個人信用情報機関に記録されて、
今後の借り入れなどについて大きく影響してきてしまいます。

参考WEB資料:消費者金融 研究所