キャッシングとローンの違い

キャッシングとローンの違いについて何が違うのか、
ちょっとわかりづらいという方がほとんどかと思います。

一般的には、 使途、目的がはっきりと限定されている融資をローンと呼ぶ場合が多く、 キャッシングは使途、目的を限定しない融資のことをいう場合が多いです。

キャッシングは無担保・無保証

もともとローンは、古くからある住宅ローン、自動車ローンなどのように
大口の融資を受け、月々ちょっとづつ返済してゆくというものでした。

そしてキャッシングはというと、比較的小口の融資を受け、 期日には一括返済するというスタイルでしたが、 利用者の利便性などから、一括ではなく分割返済という形も行われるようになってきたため、 両者の棲み分けがあいまいに感じてしまう場合が多いのかと思います。

そもそもキャッシングとは無担保で、個人への信用に基づいて融資を行うことをいいます。
ですから、例えばある特定の商品を買うためにローンを組む場合、
万が一不払いが生じた時には、その商品を担保として扱えますから、
キャッシングとは意味合いが違ってきます。

クレジットカードのキャッシング枠

また、クレジットカードのキャッシング枠というのも存在します。
これらも大抵は無担保、無保証である場合が多いですが、
クレジットカード発行時の条件に依存するものです。

申し込みから融資を受けるまでの時間も、
クレジットカードに比べて消費者金融でのキャシングのほうが
圧倒的に早く、限度額も多く設定することが可能です。

このように考えると、クレジットカードのキャッシング枠もキャッシングの一種ではありますが、
あくまでもショッピング枠をメインとして発行されているカードがほとんどです。
キャッシングの主流といえるのは、やはり消費者金融からの現金借り入れだといえるでしょう。
なかなか説明するのが難しいのですが、なんとなくイメージは伝わったでしょうか?

名称にまどわされない

内容的にはキャッシングなのに○○ローンと呼ばれる場合や、
ローンなのに○○キャッシングなどと呼ばれている
金融商品や会社なども多く存在します。

これからキャッシングなどの融資を考えるという場合は、
融資条件に加え、返済方法などもよくよく検討した上で、
こういったそれぞれの名称に惑わされることなく、
それぞれの条件や目的にあった融資を受ける
ように、くれぐれも心がけることが肝心です。